就職情報[卒業生インタビュー] | 保育士専門学校なら越谷保育専門学校で保育士の資格を取得!

保育が私の生きる道。

第一部 幼稚園教諭保育士養成学科 2年制
文部科学大臣 厚生労働大臣 指定校/職業実践専門課程 認定校

048-965-4111(代)



卒業生インタビュー

夢を手に入れた先輩に、いろいろ聞いてみました。

卒業した先輩's Voice

田口 彩未さん

(平成24年度生) 認定こども園こどもむら
栗橋さくら幼稚園 勤務

私は現在3歳児クラスの担任をしています。越谷保育専門学校で学んだ手遊びやピアノを活かして、日々子どもたちと笑いあいながら過ごしています。入学した当初は小学生以来のピアノを一から学び直すことに不安を感じていましたが、先生方の丁寧で優しいサポートのおかげでたくさんの曲を弾くことができるようになりました。それが自信となり、卒園式で伴奏をつとめた際には学んだことを活かし堂々と弾くことができました。私はこの学校で自分の空っぽだった保育の引き出しに、保育者になるために必要なことを一つひとつ入れることができました。実際に現場に行き、子どもの目線になることの大切さを知った「実習体験」、私のように初心者でも温かく丁寧に教えてくれる「ピアノの授業」、体を動かして楽しみながら体力をつけていく「体育実技」など、いろいろな授業で学んだ大切なものです。今でも困ったときにはその引き出しを開けて振り返ることもあります。子どもたちの命を預かるという大きな責任がある職業ですが、これからの未来を築くヒーローたちと共に成長しながら過ごしていくという喜びを感じています。このような喜びを感じることができ、私は保育者になれて本当に良かったと思っています。

卒業した先輩's Voice

脇田 彩耶さん

(平成24年度生) 学校法人ワタナベ学園
越谷保育専門学校附属幼稚園 勤務

現在、4歳児の担任をしています。たくさんの子どもに囲まれて、笑顔の絶えない楽しい毎日を過ごしています。
越谷保育専門学校は、座学だけでなく実際の現場へ行き保育する実習体験や一人ひとりのペースに合ったピアノの授業、子どもの運動能力をあげる体育指導法など現場に出た時に役立つ学習が充実しています。そのため、悩んだときなど学んだことを振り返り、納得して保育できます。子どもの視点に立ち、気持ちを受け入れる大切さを実感できているのは、学校で学んだおかげだと思います。

卒業した先輩's Voice

なりたかった保育士を働きたい場所でできることが今から楽しみです。

葛迫 麻由さん

(平成24年度生) さいたま市職員

公務員試験は8、9月にあるので保育所・幼稚園実習と日程が近く、休日や空いた時間を使っての試験勉強となりました。つらいと思う時もありましたが、一緒に頑張る仲間の存在や、エントリーシートを添削してくださった先生方の手厚いサポートがあり、頑張ることができました。大学卒業後、社会人経験がある私は公務員を目指すには遅いのではないかと迷いましたが、先生方の後押しもあり今は受験して本当に良かったと思います。

卒業した先輩's Voice

「何事にもチャレンジ!」を子どもに伝えるようにしています。

畑山 みゆきさん

(平成17年度生) 私立保育所 勤務

越谷保育専門学校を卒業後、川口市の私立幼稚園に就職しました。1、2年目は失敗の連続で辞めることばかりを考えていましたが、先輩の先生方とのコミュニケーションが増えたことで楽しめるようになりました。3、4年目に異動で系列の保育所へ行くと、幼稚園とは違う大変さや楽しさを実感しました。何度か異動を経験し、今は400人の子どもたちと毎日を過ごしています。正直とても大変ですが、学校で免許や資格を取得出来ていなかったら、今まで触れ合ったこどもたちには出会うことができませんでした。私は「何事にもチャレンジ!」を子どもに伝えるようにしています。人には様々な迷いがありますが、まずは行動していくことが大切だと思います。私は今、とても充実しています。

資料請求 オープンキャンパス
  • 既卒者の方へ
  • 卒業生の方へ
6つの付属幼稚園
専門実践教育訓練給付金

イベントカレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • オープンキャンパス
  • 個別相談会
  • 選考日


Copyright © 2017 Koshigaya hosen. All Rights Reserved